95%ラインを目標にギフト券や商品券を効率よく現金化する賢い方法

手元にある商品券やギフト券をどのように有効活用すべきなのか、本当に迷うことでしょう。

全国の百貨店やビール券、銀行系のギフト券などをそのまま使うよりも、今欲しいのはお金であり、家賃の支払いやローンの支払いに充てたいという人もいるに違いありません。

その場合必要なのが現金化であり、方法が幾つかあります。

その1つは、金券ショップや買取業者などに持ち込むこと、またネットオークションを利用すること、さらには、そうした券を使って実際に商品を購入して、そのあとでそれを売るという方法です。

それぞれにメリットやデメリットがあり、それは換金率やそのスピードに影響しますので、注意深く考察し賢く現金化したいものです。

スピードと確実性の商品券買取は95%ラインを目標にしたい

商品券やギフト券は、駅前などにある金券ショップ、あるいは買取業者に持ち込み売るのが一般的であり確実です。

その場で査定し買取してもらえますので、ナンバーワンのスピードです。

ものの数分いえ1分もかからずに査定額を提示してくれるに違いありません。

気になるのは換金率ですが、決して悪くはありません。

というのはこれまで買取業者に家電や服や家具などを売ったことのある人はわかるかもしれませんが、ほとんど値段にならず、たいした額の現金化にならない、損をしたような気分になるものです。

ですが、商品券やギフト券は、現金同等の価値を持つとみなされ、高い換金率を期待できます。

多くの場合90%以上、95%以上の換金率がつくことも珍しくありません。

商品券やギフト券を売る場合には身分証明書が必要になること、また換金率が低いと感じた場合にはその場で止めることもできます。
95%のラインを目標に店舗を探してみましょう。

ネットオークションや商品購入してから売る方法

ネットオークションで売るという方法もありです。

特にそうしたオークションの経験があり、早く現金化したいわけでなないという方には良い方法です。

換金率は最低ラインを自分で決めることができるし、取引相場が高くなれば定価以上ということもないわけではありません。

金券ショップよりも高値で売れる可能性は高いので、換金率にこだわるのであれば、オークションで売ることをおすすめいたします。

ただこうした方法の場合、売れない可能性があり時間がかかること、相手とのやりとりや商品の発送などをする必要があり、そのあたりが手間でストレスになる場合もあることを覚えておくべきです。

さらに、商品券を使って新品の商品を購入して買取業者に売るという方法は、換金率が80%とかそれ以下になるためにあまりおすすめできません。

どうしても現金が必要…!今日中にギフトカードで現金を作る方法

私は旅行が趣味でGWやお盆、年末年始などの長期休暇には、家族を連れて色々な地域に旅行に行きます。

楽しい旅行に出費はつきもの。

ご当地ならではの美味しいグルメや、訪れた先の思い出のグッズ、親族や同僚にあげるお土産など、様々な理由でお金を使います。

以前GWに北海道を旅行していた際も、ついつい当初の計画よりもお金を使いすぎてしまい、自宅まで帰るための車のガソリン代はおろか、当日の食事代すらもなくなってしまう事態に陥りました。

また、その日泊まる予定だった宿は事前精算しておらず、チェックアウト時に現金で精算(クレジットカードは不可)する予定でした。

ギフトカードなら即日現金を用意できる

自分だけならまだしも、家族に迷惑をかけるわけにはいかない。

とインターネットで当日中に現金を用意する方法を検索し、見つけた1つの方法が【ギフトカードの現金化】でした。

中でも現金化におすすめとして多くの記事で紹介されていたのが、Amazonギフトでした。

私は家族にお金がないことを見抜かれないように、こっそりとスマートフォンでAmazonギフトをクレジットカードで購入し、口コミの良い買取業者へギフト券の現金化を依頼しました。

すぐに振り込まれ手元には現金が

依頼後30分程たった頃に、ギフト券の買取業者からメールが届きました。

内容は私の銀行口座へギフト券の買取代金の振込が完了したとのこと。

すぐさま近くのコンビニに寄り、ATMで銀行口座の残高を確認すると、そこには買取金額が振り込まれていました。

おかげで、その後の旅行も大きな問題なく楽しく終えることができました。

ギフト券の現金化では、どうしても現金が必要になった際、即日現金化ができる点が魅力のひとつです。

私もこの方法を知ってから、実際に手元に現金がくるまで1時間も時間を使っていませんでした。

また、買取業者はほとんどが初回は高い買取率で買い取ってくれるため、初めての方は迷わず利用することをおすすめします。

口コミの良い業者であれば、しっかりした対応をしてくれるので、信頼できます。

今回はギフト券の現金化について記事にさせていただきました。

大学時代にJCBギフト券を現金化することで家賃の滞納を免れた

大学時代の生活が3年生で一変

これは大学生時代に大阪で一人暮らしをしてお金に困ったときにギフト券を現金化した体験談です。

大学1・2年生の頃は親から生活費と家賃の仕送りをもらっていたこともあり、順風満帆な大学ライフを送っていた僕ですが、大学3年生になり、順調に単位を積み重ねていき、週2~3回ほどしか大学に行かなくてもいいほど暇を持て余すようになりました。

それに気づいた母親が、「あなた週2?3回しか大学に行かなくていいなら、アルバイトを増やして家賃も光熱費も携帯代も全て自分で払いなさい」と怒られてしまい、4月から6万円の生活費と4万円の家賃、合計10万円の仕送りを止められてしまいました。

貯金が底をついたときにJCBギフトカードの存在に気づく

その時点で貯金額は30万円ほどあり、まだまだ余裕だろうと思い生活をしていましたが、1ヶ月、2ヶ月と過ぎて行くたびにどんどん減って行く貯金残高に焦りを覚え、バイトを掛け持ちしたり、友達と派遣のアルバイトで工場へ行ったりしましたが、飲み会や彼女とのデートもあり、いつの間にか貯金額は0になってしまいました。

「このままいくと今月の家賃は間違いなく滞納してしまう」と焦った僕は、考えに考えた結果「JCBギフトカードがたくさんある」ということに気づきました。

なぜJCBギフトカードがたくさんあるのかというと母親と父親がJCBカードの利用者でポイントが貯まると必ずギフトカードと交換して僕に送ってくれていたからです。

1年生の時から貯め続けており2万5千円分のJCBギフトカードがありました。

JCBカードですぐに現金化

最初は友達に「今お金に困ってて、もし百貨店とかで買い物する機会があるならJCBカードを現金と交換してくれない?」と頼みました。

すると友人が「それなら駅前とかにある金券ショップかなんかに売れば現金に変えてくれるよ」と言って僕をその金券ショップまで連れて行ってくれました。

2万5千円分のJCBギフトカードを握りしめて「すいません。

これ買い取ってもらいたいんですけど」というと「90%買取ですけどいいですか?」と言われ「はい大丈夫です」と1分も経たないうちに22500円を手に入れた僕は心からほっと一安心しました。

なんとか当月の家賃を払うことができ、それからJCBギフトカードは必ず送るよう両親にお願いをしました。